【Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル】 開封の儀レビュー

どもです、2018年度いっぱつめの記事はKindle Paperwhite 32GB マンガモデルの開封の儀です。

とはいっても、実は2017年12月26日には手元には届いてアップする準備までは出来ておりましたが、なにかと忙しく精査している時間が獲れなかったワケで・・・

それに、本日もこれから仕事なんですわぁ ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ

さて、そんな新年初頭より忙しいまるもにゃんですが、取り急ぎ?開封して、ちょこっと使用感などのレビューもどきをしたいと思います。

今回、Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル本体と一緒に購入したものは、ケースですね。
スクショ左にあります。 最初、同メーカーのねこ柄にしようと思いましたが、とりあえず落ち着いたモノにしました。


箱横にはロゴ、そして開けてみるとKindle Paperwhite 32GB マンガモデルが鎮座しております。 本体色は白を購入です。 まるもにゃんにはすでに電子書籍端末としてSONY Readerがあり、こちらは黒でしたが、白もエエかなぁと思いこちらに決定したワケですが・・・


手にとってみると本体色、白も良い感じです! 少し?スベスベ感があり裸のままではちょっと頼りない感じですね。 落としそうですww

んで、箱の中身は本体、充電兼データ転送用ケーブル、説明書が同梱されており、説明書は英語表記だったのがちょっと悔やまれます。 日本語もほしかったなぁと。

続いて、ケースです。 コチラのケース柄?はいくつか種類があり悩みました。 先にも書きましたが、落ち着いた柄・色合いでこちらにしました。

販売元は、WALNEW JPです。 種類がわりと豊富。



箱から取り出すとスゴク薄くて良い感じです。 Amazonのレビューなど見ていると純正は差少し厚みがあるらしですが、あまり重くなると手が疲れそうですね。

手触り感は、少しツルッとしていますが感触的に少し、しっとりとしているのでKindle自体を直に触るよりエエです。


でわ、装着です。 中にある白いスポンジ?を取り払ってKindleを装着。 装着もちゃんとPaperwhite専用ということもあり隙間なく装着が出来コレも良い感じです。

実はこのケース・・・薄く軽くてサードパーティ製なのですが、蓋を閉めるとちゃんとパワーオフしてくれる優れモノなんです! しかも純正より安いし柄+色も豊富!!



それでは、いざ起動開始!!

言語は、11種類ありこれぐらいあればドコの国でもOK? まるもにゃんはモチロン日本語ですww

このあと、Wi-Fiやらの設定をして約3分?くらいで初期設定が完了して電子本が読めるようになりました。

最初に入っていた辞書などを使ってみましたが、ページ送りなどはわかりましたが、ホーム?に戻る方法が分かり難く難儀しました。

同梱されていた説明書には操作方法が記載されていなく、結局、先人たちの手を借りることに・・ええ、ググってみました。

そしたら、図解で詳しく丁寧に解説されているサイトが有りましたのでホッとしましたw
図解で解説してくれた方に感謝です!

また、Amazonから電子書籍も購入です。
購入したのは、ようやく電子版になったオーバーロード。 無料Webではもう?更新がとまっている作品ですが、アニメにもなりまた、今年は2期も放送開始なのでこれに決めました。

まぁ、まるもにゃんが好きなタイトルでもあることですしね!

Amazonから購入するとWi-Fiに繋がっているので自動でKindle本体へ送信される仕組みになっているようなので、わざわざ、PCなどにケーブルで繋ぐ必要ながないので楽ちんです。

このあたりは、SONY Readerにはない?機能です。 (´・ω・`)あったかなぁ忘れたwww

また、Amazonクラウドにも無料で保存されるので、一応、端末が壊れても安心?

電子書籍、オーバーロードを読んで見ましたが購入された方のレビューにあったレスポンスが悪い、ページ送りが遅いとか言われいましたが、まるもにゃんにはあまり悪い印象はないですね。

まぁ、SONY Readerを使用していたこともありそのあたりは「こんなもん?」な感じで受けっといたので・・・。

それより、各電子書籍の読み込みが速いのが嬉しいですね。
SONY Readerだと、microSDを使用しているせいか読み込みがスゴク遅いんですよねぇ。 ソレに引き換え、Kindleは爆速な感じです。 待たされることが無いですね。

まぁ、ただ単にKindle本体に書籍が少ないダケ?かもしれませんが・・。このあと、タイトルを増やしていったらどうなるのか、ちょっと怖い気もしますwww

使用して、いまのところ不満はありませんがただ一点気になることが有ります。

それは、Wi-Hiです。 なんか常にON状態で通常AmazonとのアクセスはしないのでOFFにしたいが、OFFするメニューが見当たらないんです。 電池消耗を考えるとアクセスするときだけONにしたいなぁと。

今回購入したもの

・Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル ホワイト

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

新品価格
¥18,280から
(2017/12/31 11:17時点)


・ケース

WALNEW Amazon Kindle PaperwhiteとPaperwhiteマンガモデル用カバー ビジネスクラシックなデザイン 最も薄く、最軽量の保護 レザーケース マグネット機能搭載, レトロブラウン

新品価格
¥1,450から
(2017/12/31 11:18時点)

・電子書籍

まとめ

さてレビューといってもただ単にちょこっと使用しただけですが、良い買い物と思います。

良い点としては、

・大きさが程よい
・本体色:白は、なんか清潔感があって良い
・バックライトがあり、暗い部屋でも目が疲れない
・内蔵メモリ、32Gもあるので、当分容量不足に悩まない
・タイトルの読み込み速度が速い
・カバーケースがいろいろと選べる
・購入した書籍のバックアップが容易で、容量をきにする必要がない

悪い点としては、

・SONY Readerより重い、持続して持つのは少し疲れやすいかもしれない 鍛えねば。
・SONY Readerより少し厚みがある
・Wi-FiのOFF/ONができそうにない。なので、電池消耗が公式値より速いかもしれない
・文字の大きさ変更で、ちょっと中間がないのが惜しい。 まるもにゃん的にちょうど良いのがないww

な、感じでしょうか。
今後は、SONY Readerも可愛ながら、Kindle Paperwhiteを使っていこうと思います。